スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

677枚目 Allman Brothers Band「Brothers and Sisters 」から「Ramblin' Man」を聴きなおしました

677枚目 Allman Brothers Band「Brothers and Sisters 」から「Ramblin' Man」を聴きなおしました

allmanbrotehrs band1

allmanbrothersband2.jpg


レーベル : Capricorn
発売元 ビクター音楽産業
発売年 1973年

A面
1. Wasted Words
2. Ramblin' Man
3. Come And Go Blues
4. Jelly Jelly
B 面
1. Southbound
2. Jessica
3. Pony Boy

前回にひき続き『秋』にふさわしい楽曲ということで、Allman Brothers Band「Brothers and Sisters 」を選びました。
デュアン・オールマンが1971年に交通事故で亡くなって2年後のアルバム。メンバー数人が入れ替わった後のレコーディングのためか、アルバム見開き部分は全楽曲に関わったメンバーとその家族の写真が載っています。さらにライナーノーツの他に全曲のスタッフ名簿が添えられております。これも珍しい。ずいぶん丁寧なアルバム作りです。きっとデュアン死後の結束を図ったのでしょう。
さて、「Ramblin' Man」はボーカルがグレッグ・オールマンではなく、ディッキー・ベッツです。グレッグはバックコーラスを担当。ハーモニー部分を支えます。カントリー曲感満載のこの「Ramblin' Man」を聴くと、秋が深まったと感じます。
本来はカントリーソングを鼻歌に秋の収穫を予定していたのですが、予定通りにコトが運ばず、自給自足計画の大幅変更を余儀なくされているところです。たとえばカボチャ。義弟から種をたくさんもらったので、多種なカボチャをたくさん作ろうと苗作りに励みました。できた苗をあちこちに配り、我が畑にも植えたのです。
成長したカボチャはすべてミニサイズ。名札をつけるなどきちんと苗の管理をしておくべきでした。大きなカボチャの苗をよそにあげてしまったのです。味は悪くないのですが、腹の足しにならず、冬を越すには足りません。一方、おいしい干瓢(カンピョウ)を作るぞ、と意気込んだ夕顔はツルが伸び放題、花が咲き放題で、あまりの量に圧倒され放置しておきました。8月末には実がひとつもならなかったもので。先日、ほぼ草原と化した夕顔エリアをチェックした妻が悲鳴をあげました。「スワ!! また蛇か!」 イエ、巨大な夕顔でした。草に埋まっていました。
巨大な夕顔からたくさん干瓢がとれると喜んだのが浅はかでした。皮が硬すぎて皮をむく際に妻が2回指を切りました。私はそれを見て腰が引け、廃棄処分を命じました。かくして巨大夕顔は堆肥エリアに退避と相成りました。
世間ではハロウイーンのカボチャ(プラスチック製の偽カボチャも含めて)が大手をふっていますね。来年こそは大きいカボチャを育て、食べる前に玄関先に飾ろうと思います。他にもセロリや人参・ごぼうの成長が大幅に遅れ、収穫に間に合うのかも心配です。オーガニック農法でおいしく大量の野菜を収穫しようという発想があまかったのですね。かくして今年の野菜作りは大失敗に終わりそうです

こちらはyoutube、「Ramblin' Man」
スポンサーサイト

223枚目  The Allman Brothers Band  オールマン・ブラザーズ・バンド : 熱風  Wipe the windows,check the oil , a dollar gas

the allman brothers band

223枚目  The Allman Brothers Band  オールマン・ブラザーズ・バンド : 熱風  Wipe the windows,check the oil , a dollar gas


アナログ・LP盤二枚組:The Allman Brothers Band  オールマン・ブラザーズ・バンド : 熱風  Wipe the windows,check the oil , a dollar gasを聴き直しました。

レーベル:Capricorn Records   発売元 ビクター音楽産業株式会社 1976年
定価 不明


Side A
 メンバー紹介(ビル・グラハム)
1.むなしい言葉
 WASTED WORDS
2.サウスバウンド
 SOUTHBOUND(6:03)
3.ランブリン・マン
 RAMBLIN,MAN

SIDEB
l.エリザベス・リ-ドの追憶
 IN MEMORY OF ELIZABETH REED
Side C
1.時はもう無駄に出来ない
 AIN’T WASTIN’ TIME NO MORE
2.カム・アンド・ゴー・ブルース
 COME AND GO BLUES)
3.キャント・ルーズ・ホワット・ユー・ネヴ-・ハツド
 CAN’T LOSE WHAT YOU NEVER HAD

Side D
l.ドント・ウォント・ユー・ノー・モア
 DON’T WANT YOU NO MORE
2.イッツ・ノット・マイ・クロス・トウ・ビア
 IT’S NOT MY CROSS TO BEAR)
3.ジェシカ
 JESSICA


萩原健太『ロック・ギタリスト伝説』から
心ときめいて。

The Allman Brothers Band  オールマン・ブラザーズ・バンド から『時はもう無駄に出来ない AIN’T WASTIN’ TIME NO MORE』を聴きました。


残念ながら
わがレコードライブラリーに
1971年以前の
オールマン・ブラザーズ・バンド はありません。


このアナログ・LP盤は
1976年発売、
1972年以降の作品を集めた
オールマン・ブラザーズ・バンドの集大成と言うべき一枚であり、

解散前の最後の
一枚となったものです。

このグループの
リーダー、
デュアン・オールマンはご存知のように
1971年秋、
乗っていたオートバイがトラックに激突し、
24歳の若さで亡くなりました。

デュアン・オールマンのサザン・ロック魂と
ギター・テクニックを引き継いだディッキー・ベッツが
グレッグ・オールマンよりも目立って、
リードしているアルバムです。

Side Cの
1.時はもう無駄に出来ない AIN’T WASTIN’ TIME NO MORE
は1972年大晦日、ニューオリンズ州での
ライブ版。
デュアン・オールマンのスライド奏法を継承した
ディッキー・ベッツがデュアンばりの
テクニックをギンギンに披露しています。

レコードジャケットの絵が
いかにも
サザン・ロックを表し、
もちろん中身もいいのです。

ただ、この二枚組を製作中にバンドの解散話も
進んでいたという。

デュアン・オールマンもベリー・オークレーも
さぞかし天国で悲しんでいたことでしょう。


デュアンが健在の
オールマン・ブラザーズ
youtube です。音質悪し


Retro Kimmer






70's Classic Rock




テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。