スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

576枚目 「1910フルーツガムカンパニーのすべて」から「サイモン・セッズ」を聴きなおしました。

P1190001 (640x480)


576枚目 「1910フルーツガムカンパニーのすべて」から「サイモン・セッズ」を聴きなおしました。

発売年 :1981年
レーベル:BUDDAH
制作:日本ビクター音楽産業株式会社

アルジェリア人質事件で多くの尊い人命が危険にさらされています。遠い国のできごとだけに私たちは少ない情報の中で渦中の人々の無事をいのることしかできません。

さて、暗い事件の中、
少しでも明るいものを求めて今日は「1910フルーツガムカンパニーのすべて」から「サイモン・セッズ」を聴きなおしました。
個人的には「サイモン・セッズ」よりも「トレイン」のほうが好きなのですが、すでに2009年5月に218枚目でアップしていました。
全米ヒットチャートでは「サイモン・セッズ」が1968年ビルヴォード4位。そして全米であまりふるわなかった「トレイン」が日本では大ヒットしたという不思議な、でもよくある話。
このアルバム「1910フルーツガムカンパニーのすべて」はリ・イシュー版。バブルガム・ミュージックというとコマーシャリズム満載の音楽を象徴するイラストは日本人が描いたもの。多分日本向けのアルバムなのでしょう。
で、1968年にヒットしたものをなぜ1980年代に再発売したのか
ライナーノーツには何も説明がありません。

言えることは、10数年後に再発売しても新鮮で違和感を感じない(私にとっては今聴きなおしても)1910フルーツガム・カンパニーの音楽はスタンダードとして後世に残る良質なポップスだったこと。
こちらは U-チューブ の 「サイモン・セッズ」
スポンサーサイト

218枚目  『トレイン The Train』1910フルーツガム.カンパニー 1910 Fruitgum

1910fruitgum comany
218枚目  『トレイン The Train』1910フルーツガム.カンパニー 1910 Fruitgum
Company


レーベル : Buddah Records  売元 日本コロムビア株式会社 1969年
定価 400円 


アナログ・ドーナツ 盤 『トレイン The Train』1910フルーツガム.カンパニー 1910 Fruitgum Company を聴き直しました。

ゴールデンウイークは旅も、ショッピングもなく終わりました。

終わってしまうとあっという間でした。

『昭和の日』に昔は映画が輝いていたことに気が付きました。
テレビも面白かったことを言いたかったのですが、
時間が足りませんでした。

ゴールデンウイーク、多くのテレビ番組、見ましたが、
今、テレビが面白くない。

面白かったのは
BS のどこかでやっていた イギリスのスパイ番組位でした。

さて、1910フルーツガム.カンパニー 1910 Fruitgum Company。

覚えていらっしゃる方は中高年後期の方、熟年の方。

最初、グループ名を聞いて戸惑いましたよね。

メンバーの一人がある日
屋根裏で見つけた古いトランク。
その中にあつた風船ガムの包み紙からグループ名をつけた。

1967年夏にアメリカ・ニュージャージー州で結成。
「サイモン・セッズ」「インディアン・ギヴァー」が有名ですが、

『トレイン The Train』もなつかしい。
アナログ盤のノイズが似合う
明るく軽快なローティーン向きのハッピー・サウンド。
youtube にもあります



Retro Kimmer






70's Classic Rock




テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。