スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

675枚目 イーグルス「THE LONG RUN」から「サッド カフェ」を聴きなおしました

675枚目 イーグルス「THE LONG RUN」から「サッド カフェ」を聴きなおしました

eagles long run

濡れた本の後始末



レーベル : Asylum
発売元 Elektra
発売年 1979年

A面
1. The Long Run
2. I Can't Tell You Why
3. In The City
4. The Disco Strangler
5. King Of Hollywood
B面
1. Heartache Tonight
2. Those Shoes
3. Teenage Jail
4. The Greeks Don't Want No Freaks
5. The Sad Cafe

9月に入った途端に不純な天候が続いております。
台風で大きな被害にあわれた皆さんに心からお見舞い申し上げます
晴耕雨読」の生活が自分に訪れるとは考えてもいませんでした。43年間の俸給生活を終え、今実現しました

 話は大きくそれます。私、国道沿いに住んでいるものですから、この夏は高価なバイクに乗ってツーリングする熟年ライダー、或いはオープンカーをさっそうと運転する白髪の前期高齢者、日本よりカナダに似合う大型キャンピングカーを運転する小柄なおじさん、中にはカマボコ型の外国製トレーラーもありましたね。等々、そんな優雅な熟年旅行者をたくさん見かけました。いずれも暑い夏に似合っていました、エエ。彼らが疾走する国道脇を麦わら帽子、長そでシャツ、首にタオル、反射シールをベタベタ貼った汚れたリュック、ズック(これって死語ですね。50歳以下の方々はわからないでしょう。デニムより厚い、硬い、雑な作り)製の作業エプロン、そのポケットに虫除けスプレーと蜂よけスプレーを忍ばせたゴム長靴姿の老農夫がトボトボ歩いていました。運転席からの強い視線を感じながら。私です。
大きな格差を感じたつらい夏も終わりハイテンション(国道を歩く者からの悪意と偏見に満ちた判断からですよ)の旅行者たちが去り、私の体(野菜達にはもっと強い暑さが必要)にとって恵みの雨が降りました。
久しぶりに図書館へ行き、本を借りてきました。車で行けと言う妻の忠告を無視し、傘をさして歩いて行きました。きちんとビニールの袋に入れるべきでした。そうしなかったものですから、トラッキング用防水のはずのリュックに入れた本が濡れてしまいました。タオルでふき取り、キッチンペーパーを切ってページの間にはさみ、扇風機で風を送りました。途中で何度もキッチンペーパーを換えました。半日を費やしました。ほぼ乾いたのを見計らって、板にはさんで、重しをかけているところです。今日で2日目。シミは残りましたが、シワしわにはならないようだ、と安どしていますが、さて、図書館にはどのように謝罪しようか思案中です。

 前置きが長くなりました。アナログ盤の紹介は「THE LONG RUN」から「サッド カフェ」です。乾燥作業中はレコードではなく、CD『ウエストコースト、たそがれのドライヴ・ミュージック TOPAZ SUNSET(廃盤)、』からこの楽曲を聴いたのです。リピートさせて....。「THE LONG RUN」はごらんのように味もそっけもないジャケットで、工夫を凝らしたジャケットの多いイーグルスにあって超シンプルです。イーグルスが解散した前年のアルバムですね。解散を予告するアルバムと時間がたってから言う人もいたみたい。とまれ、当時の評価は厳しかったようですが、雨に打たれ、妻の叱責を浴び、後悔の念にさいなまされる私には、「サッド カフェ」、良かったです。


こちらはyoutube
スポンサーサイト

583枚目 イーグルス「The Eagles ファースト・アルバム」から「Take It Easy」を聴きなおしました。

583枚目 イーグルス「The Eagles ファースト・アルバム」から「Take It Easy」を聴きなおしました。

P3170001 (640x480)


発売年 :1972年
レーベル:Asylum Record
制作:ワーナー・パイオニア コーポレーション

A 面
1. テイク・イット・イージー
2. 魔女のささやき
3. チャグ・オール・ナイト
4. 哀しみの我等
5. ナイチンゲールの歌
B面
1. 今朝発つ列車
2. テイク・ザ・デヴィル
3. 早起き鳥
4. ピースフル・イージー・フィーリング
5. トライイン


 久しぶりに春の日差しが部屋に射しこむ日曜日の朝です。
全国各地から桜の開花情報が聞こえてきますが、当地は雪に覆われています。春は名のみ。今朝はThe Eaglesを聴き直しました。
 当ブログ200枚目で「ホテルカリフォルニア」と400枚目で「呪われた夜」を紹介しましたが、この「イーグルス(The Eagles)」ファースト・アルバムはその2枚のアルバムとは趣向が違います。シンプルなジャケットは地味で、まさに肩の力を抜いたカントリー調、「気楽に行こう」のフレーズがピッタリです。そういえば当時そんなテレビCMがありました。「Take It Easy」が影響を与えたのでしょうか?
「イーグルス(The Eagles)」ファースト・アルバムのライナーノーツでは当時新進気鋭の音楽評論家で「ニュー・ミュージック・マガジン」編集者小倉エージが「1960年代の音楽をベースにロスアンジェルスを代表するロック・グループの伝統をふまえてたつ、フォーク/カントリー/ロックン・ロール・サウンドを持つグループ」と解説しています。フーム、良くわからないがそうなのか。
1972年に発表されたこのデビュー・アルバムは全米22位を記録しました。リンダ・ロンシュタットのアルバム『リンダ・ロンシュタット』(1972年)収録とコンサートのために集められたミュージシャン達が、バンドを結成し、ストーンズやザ・フーを手掛けた敏腕グリン・ジョーンズをプロデューサーに選び、ロンドンでレコーディングしたのが「イーグルス(The Eagles)」のファースト・アルバム。

で、その中から今回選んだ「Take It Easy」はジャクソン・ブラウンとグレン・フライの曲であることを初めて知りました。この爽快なサウンドとハーモニーは1960年代後半のある意味重苦しかったロック界の雰囲気を吹き飛ばしたと評価しています。なるほど。

あらためて聴きなおすと70年代ロックというよりはカントリー・ロックの範疇に入る 「Take It Easy」。ギター担当のバーニー・リードンのここでは見事なバンジョー捌きがいつまでも耳に残り、グレン・フライとドン・ヘンリーの抜群のハーモーニーは何度も聴きなおしたくなる、そう、くせになる感じがします。

嘘と思うならU-チューブでご確認ください。

イーグルス EAGLES 「呪われた夜」400枚目

the eagles one of these nights
400枚目 イーグルス THE EAGLES 「呪われた夜」
       

アナログ・ LP盤:イーグルス THE EAGLES 「呪われた夜 One of these nights」を聴き直しました。

レーベル :Asylum Records  発売元 ワーナーパイオニア 株式会社 
制作年 1975年
定価2500円

いい加減なアナログ・サウンド愛好家の私、
イーグルス THE EAGLES 「呪われた夜 One of those nights」は
ジャケットで選びました。

写真ではわからないのですが、実に凝ったジャケットです。
飾りのついたバッファローのスケルトンと翼を大きく広げた鷲。

この部分が紙の彫刻というのでしょうか、紙が凹凸状にかたどられています。
紙ジャケット全体が和紙のように格調があるのです。

イーグルスは
「ホテル・カリフォルニア」もそうですが、
ジャケット・デザインが素晴らしい。

さて、「呪われた夜 One of those nights」はA面1曲目。
ドン・ヘンリーの余裕たっぷりのボーカルと、
コーラス・ワークが抜群です。
まさに。ウエスト・コースト サウンドを代表するにふさわしい楽曲。

もちろん、演奏も歯切れよく、ギターが良く鳴り、
ベース音が心地良い。

このアルバム作りが翌年の「ホテル・カリフォルニア」に
引き継がれるのだ、と
妙に納得できるのです。

Youtube でご確認ください。

テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

200枚目 イーグルス The Eagles ホテル・カリフォルニアから『Hotel California』

the eagles hotel california
200枚目 イーグルス The Eagles ホテル・カリフォルニアから『Hotel California』


レーベル : Warner ドイツ盤 1976年
定価 不明 


アナログ・LP 盤 イーグルス The Eagles ホテル・カリフォルニアから『 Hotel California』を聴き直しました。


200枚目の選曲ということでイーグルス The Eagles ホテル・カリフォルニアを選びました。

イーグルス The Eagles の ホテル・カリフォルニアは

ビーチ・ボーイズから始まるカリフォルニア・サウンド、
もっと大きく括ると
1976年を頂点とするアナログ・サウンド(この後からアナログ・レコードの売上げが下降するのです。)や、
さらに
アメリカン・ロックの象徴といっても
けして、過言ではない
名曲、名盤。

私のは
残念ながら、U.S.A.,盤ではなく、ドイツ盤です。

CD盤も持っていますが、

イーグルス The Eagles ホテル・カリフォルニアは
アナログ盤に限ります。

30センチ×30センチのジャケット。
このジャケットも数あるレコードジャケットの中で、
最高傑作と思います。

ひとめ見ただけでそれとわかる。

誰もいないホテルの一番奥で
ひとり掃除夫が床を掃いている。

たそがれせまる、ホテルの外観。

7分にも及ぶ楽曲と
見事に一致していると思いません?

すべてにおいて素晴らしいできの
アルバム。

Youtube にもありますが、クチパクも多く、
音質も
アナログ盤にかないません。


Retro Kimmer






70's Classic Rock


プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。