スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

691枚目 ビートルズ「マイ・ボニー」を聴き直しました。驚きました!!

691枚目 ビートルズ「マイ・ボニー」を聴き直しました。驚きました!!

レーベル :Polydor
発売年 1962年
発売元 日本グラモフォン株式会社


A面  マイ・ボニー
B 面  ザ・セインツ


マイボニー ビートルズ


晴れ間が出てもすぐに曇り、雪がチラつきます。気持ちがイラつきます。
で、気晴らしにネット・サーフィン。レコードの掘り出し物がないかなあ、と。
ありました!! これです。『激レア/ビートルズ/マイ・ボニー・ツイスト

ビートルズ マイボニー ツイスト


初めは目の錯覚かと、次にこれは何か悪いジョーダンかと思いました。155万円!我が家の年収とさして変わらない!
ジョーダンではなく、ちゃ~んと落札されていました

こちらが問題のサイトです。興味のある方はご覧ください


まてよ!! 『マイ・ボニー 、Polydor レコード』、これに似たのがある!!
スワ!!屋根裏部屋へ直行だ!!(今日はビックリマーク大連発です。)
屋根裏部屋から引っ張り出したのが最上段の写真の「マイ・ボニー」です。息急き切ってヤフオクでチェックしたら、特に希少盤ではなく価格もバラバラ、がっかりです。誰も見向きもしないような「マイ・ボニー」です。さらに私の「マイ・ボニー」はジャケットがなく、カラーコピーしたインチキなものですから、全く価値はないのです。

マイボニー ラベル


でもなぜ『激レア/ビートルズ/マイ・ボニー・ツイスト』が155万円? 納得できません。しかも国内盤です。UKポリドールや独ポリドールならわかりますが。
さらに、良く見ると演奏者がトニーシェルダンと彼のビートブラザーズですって!!ジャケットデザインもセンスなく、昭和の雑誌によくあったチープなもの。これは怪しい、何かある。

 と、いうことで手元にある資料を徹底的に調べることに。といってもこれだけの乏しい資料ですけど。


ビートルズ資料 BBCアーカイブス


ありましたよ!!The Beat Brothersは実在しておりました。クオリーメン、ムーンドッグス、シルバー・ビートルズは知っていましたが、The Beat Brothersは知らなかった!!

 しかしですよ。「マイ・ボニー・ツイスト」はどこをさがしてもないのです。1961年12月Tony Sheridan とリンゴ・スターがまだいなかったビートルズが『マイ・ボニー』 をレコーディングしました。ポリドールレコードの音源は155万『激レア/ビートルズ/マイ・ボニー・ツイスト』も私のカラーコピー付き『マイ・ボニー』も同じなはず。ビートルズブレイク前ですから、初版は当時流行っていたツイストをタイトルにかぶせた。で、2版目から正当なタイトルにした。ポリドールレコード関係者が見るはずもない超マイナーブログですから好き放題書きますが、きっとそのような経過だった・

わずかなタイミング、ネーミング等々の付加価値によってモノの値段が劇的に変わることを知りました。
 それにしても1枚のドーナツ盤に155万円を払う人がいるのですね。驚きました。


こちらはyoutube
スポンサーサイト

684枚目 ビートルズ初期の作品を聴き直しました(ジョン・レノンを偲んで)

684枚目 ビートルズ初期の作品を聴き直しました

レーベル : すべて Odeon
発売年 1962年~63年
発売元: 東芝音楽工業株式会社
定価 :すべて 330円

 今日は新聞もラジオもテレビも、インターネットの目立つ所にもジョンレノンの命日について触れていません。世界のニュースの圧倒的なスピードの前にはジョンレノンの命日などはささいなこととして扱われるのです。
 と、12月8日に書き始めた今日のブログもあっという間に12月9日になってしまいました。ま、それは私の手ノロさが原因。


 私ごとですが、子供の頃、そして、もう少し後の小・中学校時代のもの、さらには高校時代のものが手元にほとんどありません
 断・捨・離がブームの昨今、私だけの問題ではないのでしょうけど。
 つい最近もクリスマスツリーの装飾品が多すぎると妻に文句を言われたところです。
 モノを大切に取っておきたい私、整理整頓が最優先の妻、なかなか折り合いがつきません。

 結果、40年を超える結婚生活で多くのモノを失いました。貴重なオーディオ製品を筆頭に。
 しかし、これだけは死守したもの、それがレコードです。

 私の知る範囲では今日一日ほとんど目にすることのなかったジョン・レノンを偲んで、ビートルズの初期の作品品番順に聴き直しました。その一部をご紹介します。チェックしていませんが、1962年と1963年盤です。いずれも50年の時を経たモノ、ボロボロです。

 まずは品番 OR-1024。 「プリーズ・プリーズ・ミー」 B面が「アスク・ミー・ホワイ」 
 これは私と弟とふたりで買ったモノ。当時は東芝かナショナルのレコードプレイヤーを東芝製のラジオにつないで鳴らしました。ラジオは高校入学試験に合格した祝に買ってもらったもの。大学時代後半になってソニーのトランジスタラジオを買うまでずっと使いました。もちろんスピーカーはひとつ。ステレオではありません。

  

beatle1.jpg


続いて OR-1058  シー・ラヴズ・ユー」 これは赤盤。 赤盤を見た時は驚きました。その赤いディスクはキズだらけ、ライナーノーツは色あせていますが、メンバー紹介も含めてライナーの狭いスペースに当時人気のあった高崎一郎さんが熱く解説しています。

beatle2.jpg

OR-1078 はモノトーンの「ツイスト・アンド・シャウト」と 「ロール・オーバー・ベートーベン」 解説は金子貞男という方。高崎一郎さんは忙しくて書けなかったのでしょうね。



beatle3.jpg


OR-1102  プリーズ・ミスター・ポストマン」 ここから1100番台になります。これも赤盤。当時の東芝は勢いがありました。黒いレコード盤を赤くして世間のド肝をぬきました。トランジスターラジオ「ヤング7」を発売し、これも売れましたね。私は真空管5球スーパーでしたが。今の東芝は経営陣の不正問題でゴタゴタしていますが、隔世の感があります。


beatle4.jpg

OR-1118 は「ビートルズがやって来る」 と 「今日の誓い」 このころは部活一色で話題の映画「ヤア!ヤア!ヤア!」を見に行く余裕もなく、家と学校、というより学校の体育館との往復でした。勉強のことはさっぱり記憶に残っていないのですが、冬の体育館でバリバリに凍った練習着を汗をかいて柔らかくする、というトンでもないことをやっていました。つまり昨日の汗まみれの練習着を洗濯しないまま、翌日も着るのです。

beatle5.jpg

 最後は「恋する二人」 B面が「ぼくが泣く
 実はあと10枚以上もビートルズのドーナツ盤があるのですが、一度にアップする技術がともないません。
 私がいつもおじゃまするブロガーの皆さんはプロも真っ青な作品、一気に10数枚の写真をアップしてスピーディに読ませるモノ、どのように作るのかわかりませんが、細かな部品が動画じゃないのに動くモノ等々素晴らしいサイトを作っていらっしゃいますが、私は6枚の写真をアップするだけでお手上げです。
 ちなみにこの6枚のドーナツ盤のライナーノーツはすべて見開きです。すなわち、4ページを楽しむことができました。写真、解説、歌詞カード、同時に発売されている他のミュージシャンのアルバムの宣伝等です。

beatle6.jpg
こちらはyoutube の プリーズ・プリーズ・ミー

こちらはyoutubeのアスクミーホワイ

3 こちらはyoutube の シー・ラヴズ・ユー

4 こちらは youtube の アイル・ゲット・ユー

5 こちらはyoutubeの ツイスト・アンド・シャウト

6 こちらは youtube の ロール・オーバー・ベートーヴェン

7 こちらは youtube の プリーズ・ミスター・ポストマン

8 こちらはyoutube の マネー

9 こちらは youtube の A Hard Day's Night

10 こちらは youtube 今日の誓い Things We Said Today

11 こちらは youtube 恋する二人 I should have known better

12 こちらは youtube の ぼくが泣く I'll cry instead

682枚目 ザ・ビートルズ「Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band」から「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」を聴きなおしました

682枚目 ザ・ビートルズ「Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band」から「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」を聴きなおしました


レーベル : APPLE
発売元 東芝音楽工業
発売年 1967年

サジャントペパア


ぶろぐ用写真リース



Side1
1. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
2. With A Little Help From My Friends
3. Lucy In The Sky With Diamonds
4. Getting Better
5. Fixing A Hole
6. She's Leaving Home
7. Being For The Benefit Of Mr Kite!
Side2
1. Within You Without You
2. When I'm Sixty Four
3. Lovely Rita
4. Good Morning Good Morning
5. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
6. A Day In The Life





 前回は高齢者の方々がご活躍されている様子を記載しました。今回も引き続き。。。

いつものように散歩コースの中継点である図書館に寄りました。今日は11月の三連休の中日、図書館が入っている複合施設では様々な催しが行われていました。絵画展が目を引きましたので、まずそこへ。当地で活躍される5人の画家の作品が展示されていました。国会図書館や北海道の私立大学に作品が飾られている方や様々な賞に輝いている方等々、どうやら実力派の展覧会らしい。とにかく、作品がすべて大きいのに驚きました。畳2畳分もある大きな絵がほとんどです。パンフレットの経歴を見たら、5人のみなさんそれぞれが今まで様々な所で活躍されている。そして、5人のみなさんが全員私より年上と知り、二度びっくり。相当なエネルギーを使っただろうなあ。芸術家はいくつになってもボケないと何かに書いてあったが、確かにそうだなあ。
 
 ここでも高齢者の方々が活躍されている!!

 私もメラメラと創作意欲が湧いてきましたよ。エエ。
 でも、まてよ。よく考えるとクリエイターとしての素質も実績も皆無だ。ま、よく考えなくても、なのですが。そこで思いついたのが廃物利用。このジャンルは得意です。
 
先日、妻の実家の冬支度をした際に剪定したブドウの蔓を利用してリースを作ろうと思います。こんなこともあろうと、切った蔓を写真のように荒く巻いておいたのです。どんな結果になるかは本人もわかりません。完成したら写真をアップしたいと思いますが、今日のところは「意欲はあるぞ」、と宣言だけで。。。

 ということで、農閑期に入り、すっかりダレた生活を送っている前期高齢者の創作意欲を喚起すべく、ビートルズを引っ張りだしました。「Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band」。さあやるぞ!!の、心境にピッタリの楽曲なのです。私にとっては。
 実は2~3年前にも書いたのです。ただ、その時は意味なく、アナログ盤とCD盤を聴き比べただけなのです。このレコードは音楽のみならず、ジャケットがいいのです。それだけで、レコードの方が勝っている、と思うのです。



こちらはyoutubeのSgt Pepper's Lonely Hearts Club Band

658枚目 PAUL McCARTNEY & Wings 「Band On The Run」 から 「 Band On The Run」を聴きなおしました

続きを読む

プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。