スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

699枚目 ボブ・シガーとThe Silver Bullet Band「Against the Wind」から「Against the Wind」を聴き直しました。

699枚目 ボブ・シガーとThe Silver Bullet Band「Against the Wind」から「Against the Wind」を聴き直しました。

レーベル :Capitol
発売年 1973年
発売元 EMI

silver bullet band


Side One
1. "The Horizontal Bop"
2. "You'll Accomp'ny Me"
3. "Her Strut"
4. "No Man's Land"
5. "Long Twin Silver Line"
Side Two
1. "Against the Wind"
2. "Good for Me"
3. "Betty Lou's Gettin' Out Tonight"
4. "Fire Lake"
5. "Shinin' Brightly"

 友人の見舞いと母の看病をかねて北海道の東まで行ってきました。
走行距離は往復800キロを超えました。今回はひとり旅でした。
友人は私よりひとまわり若いのですが、脳血栓で倒れたのです。幸い体に麻痺は残らずに回復したのですが、めまいが治らず歩くこともままなりません。めまいの気持ち悪さをつい先日体感しただけに、かける言葉もありませんでした。あとは薄皮を一枚一枚むくように時間をかけて回復を待つしかないそうです。心臓に重い症状をかかえているのに今春の豪雪でいつも以上に雪かきを頑張りすぎたのが原因だったようです。
友人を見舞った後は要介護5の母の見舞いと看病を妹に代わって1週間やってきました。口をあけてものを食べるという動作を忘れてしまったようで、全くと言ってよいほど食べようとしません。なんとか粘ってひとくち、ふたくち食べさせます。痩せ細った体に点滴は無理で、口から栄養を摂取するのがただ一つの方法です。

芽室駅線路

長旅の途中に通った踏切です。
 北海道の東のJRは単線ですので鉄路を見ただけでも寂しいのです。
 さらに本数も削られるものですから、ますます寂しさがつのります。

さて、長旅のためか、片方の目がひどく充血しておさまりません。今日はかかりつけの眼科へ行ってきました。原因は何年もさしている緑内障の点眼薬だとのこと。薬を換えてもらいました。突然薬が合わなくなるのですね。医者はよくあることと軽く受け流していましたが、これも加齢がなせるわざなのでしょうか。
診察を待っていると年配のご夫婦が私の前に座り、そこに奥さんの知り合いの女性が通りかかり、挨拶を交わしながら、ご主人の目の状態について話すのが聞こえてきました。緑内障が悪化して片方が失明状態とか、私と同じ病気なので、ショックでした。放置していたのではなく、きちんと通院していたというのです。年配の女性同士ですから声も大きく、聞きたくなくても聞こえてきます
意気消沈し帰宅した後に、選んだレコードはまずジャケットの絵柄から。若い馬が疾走しているこのジャケットが好きです。ボブ・シガーの歌も力強くていいです。長旅の途中に通る日高の牧場では若い馬の走る様子が残念ながら見ることができませんでした。
このレコードはUS Capitol盤、前回のキングレコード盤に比べると音質が格段にちがいます。

こちらはyoutube
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

mikitaka さん、こんにちは^^
緑内障、心配ですね。
私も今、貧血がひどくて毎日のように病院に通って注射をしてもらっていますが、なかなか数値が回復しません。
最初にかかった別のお医者さんは、すぐ近所で、いつもちゃんと話を聞いて、いろいろ検査もしてくれて、良いお医者さんだと思ってはいるのですが、なんか対応が軽かったような気もするんですよね・・。

お母様の事も、ご心配だと思います。
食べられなくなる頃から、空腹感も感じなくなるんだ、というような話を聞いたことがありますが・・・。

どうぞお大事になさってくださいね。

毎度です

さすが北の大地は広大ですね!

脳血栓のお友達、私も酷い目眩(ほとんど歩行困難)に悩まされ、
結果的には「血液さらさら薬」で、落ち着いて早5年…
というところですから、他人事では有りません。

mikitakaさんの緑内障も、薬との適合がとても繊細で微妙だって
お話を良く耳にしてますが、この辺りはお医者様を
信頼されるしか方法ないですものねえ。クレグレもご自愛ください。

ボブ・シーガーって、例えて言えば、近所に住んでるのに、
こっちは公立、向こうは私立の学校に通っていて、
名前も家も知っているし、しょっちゅう顔を合わせるけれど、
話をしたことはない...そんな感じのヒトですね。

もう少し素直になって、オープンに付き合うべきでした….。

No title

こんばんは。

お母様、一週間の介護、お疲れ様でした。
どうぞお大事に。

実は僕も緑内障で、左目がヤバイです。
僕は薬ではもう間に合わず、両目とも手術しました。
20年ぐらい前のことです。
だましだまし死ぬまで視力が持ちこたえてくれることを祈っています。

"Against the Wind" 大好きな曲ですね。

ボブは日本では売れない人ですね、残念!

No title

Ariane さん

 こんばんは

 Ariane さんは昨年暮れから相当にお忙しそうでしたから心配でした。作品を拝見しますと、とても細かなお仕事で神経も使いますよね。

 貧血ですと、お仕事も含めていろいろなところに負担がかかりますね。
 健康な時でも立ちぐらみがありますから、貧血の場合は寝起きの時、立ち上がる時も人一倍気をつけなければなりません。

 健康がなによりも大切です。お医者さんとご相談され、くれぐれもご留意ください。
 
 私も緑内障を軽視していたところがありましが、昨日は生々しい会話を聞いて、もっと真剣に日常生活に配慮しなければいけないと思いました。

 雪もなくなりましたので、母の見舞いの回数を増やそうと考えています。私が食事を手伝っても効果がないのも事実ですが。
 妻は妻の母(広い家にでひとり暮らしです)の世話もあり、老老介護が私たち夫婦にとって現実的なものとなっています。

 励ましのおことばありがとうございました。
 

No title

pipco1980 さん

 そうですか。歩行困難とは、本当に大変でしたね。私はたった一度でしたが、思い出すのもいやですね。このあとも十分にご留意ください。

 私の友人も日本では企業立て直しで有名な経済人のセミナーにしょっちゅう参加する社長のもとで、かなり無理な仕事をこなしてきて、倒れたものですから、ある意味会社の犠牲者です。
 周囲はあまり無理をするなとアドバイスをしていた矢先だったものですから、残念です。

 pipco1980 さんの会社員時代の働き方と重なります。

 健康の維持だけは何にもまして優先してもらいたいのですが、それがままならない時代といおうか年代ってありますね。

 私は前の医者からこのままでは7~8年で失明するとおどされ、周囲のすすめで大きな専門医院の評判の医師からきちんと投薬と定期的な健診で大丈夫と言われ、気持ちがすっかり楽になりました。

 昨日のご夫婦の会話にショックを受けたのですが、薬を変えたら心持、目が軽くなった気がしますので、今の医者を信じて行こうと思います。

 >しょっちゅう顔を合わせるけれど、話をしたことはない...そんな感じのヒトですね。

  たとえが素晴らしいですね。私もできるだけ話しかけるようにして、たくさん聞きたく思います。

  コメントとアドバイスありがとうございました。

No title

バニーマン さん

 そうですか、手術をされた。

 これはなったものでなければわからない不自由なものですね。

 私もかれこれ20年ですが、細く長く付き合って行こうと思います。

 >だましだまし死ぬまで視力が持ちこたえてくれることを祈っています。

 私も左目の方が進行しているのですが、本当に同感です。

 なんとかもちこたえてくれるように、気をつけて生活しようと思います。

 >"Against the Wind" 大好きな曲ですね。
 そうでしたか、恥ずかしながら私は今回自分で選んで、聴き始めてから気にいりました。

 レコード会社の宣伝が下手だったのか、日本ではほとんど無名ですね。
 こうしてみると、ずいぶんと埋もれている名曲や名バンドがあるのでしょうね。

 コメントとアドバイス、ありがとうございました。

 

No title

緑内障、僕もまだ診断していませんが、
白いものが少し黄ばんで見えるようになってきたので
そろそろ疑い出しているところです。
聞くところによると、加齢とともに5人に1人くらいは
大なり小なりなるそうなので、
おっしゃる通り上手に付き合っていくのが肝心だとのこと。
PCもほどほどにして目を休ませながら暮らさないとでしょうか。

帰省、おつかれさまでした。
お母様、妹さん、大変な状況ですね。
僕も同じ状態でした。
僕がずっとこちらに住んだままで、
近年、母は歩行不可能な状態でいまして、
すっかり妹だよりになっていました。
見舞いとお詫びに行かなくちゃとしている寸前
去年の夏に亡くなってしまいました。
親が弱っている姿を見るのはつらいものがありますが、
無理してでももっと会っておくべきだと後悔しました。
お母様も、お友達も、ご自信も、大切にしてやってください。

ボブ・シーガーといえば、ハスキーボイスを思い出しますが、
このアルバムの声はつるつるしていますね!
めっちゃくちゃ歌がうまいですね!
高校時代、「百万人の英語」というラジオ番組で
翻訳の題材に使われていたのを思い出します。
思えば、こういうグイグイいくやり方は、
ブルース・スプリングスティーンより先にやってたのが
ボブ・シーガーですね。

人生、まだまだやるべきことがたくさん。
ジャケットの馬のように(いや、も少しゆっくり)走り続けましょう!

No title

つかりこ さん

 こんにちは

 >白いものが少し黄ばんで見えるようになってきた

 目の老化は他の器官よりも進行が速いのではないかと経験上思います。病院に行くお暇がなかなかないでしょうが、初期の対処が大事ですので、病院で一度チェックしてもらうことをお勧めします。

 >PCもほどほどにして目を休ませながら暮らさないと

 そのとおりですね。
 妻からもよく言われます。PCに加えて、スマホとアイパッドを見ますので、かなりの時間、目を酷使していることになります。
 目を休ませることを当面の目標とします。

 >すっかり妹だよりになっていました。

 そうでしたか。私も友人の多くも妹に頼っているのが現状です。私の妻も兄がいるのですが、妻と妻の姉が交互に世話をしています。

 >去年の夏に亡くなってしまいました。
 
 それは大変でしたね。親孝行したいときに親はなし、といいますが。遠く離れていると見舞いもままならず、おつらい気持ちがわかります。

 >めっちゃくちゃ歌がうまいですね!

 実は私、今まであまり聴いてなかったのですが、今回じっくり聴いてそう思いました。
 「100万人の英語」の教材に使われたとは、初めて知りました。
 きっと外国人講師が選んだのではないでしょうか。
 つかりこ さんがおっしゃるように、このジャンルではブルース・スプリングティーンを凌駕していますから、日本であまり着目されないボブ・シガーをあえて選んだ。

 >人生、まだまだやるべきことがたくさん。
 そうなのです。やりたいことがたくさんあるのです。
 なによりも健康第一ですので、体調管理をしっかりやっていこうと思います。
 温かいお言葉、ありがとうございました。

アメリカンロック

ギタリスト中心に偏った聞き方をしてきたせいで、有名どころを聴いてない、
全米トップ40、ベストヒットUSAに疎いという、かなり間抜けな自分でして、
ボブ・シーガーも名前こそ知っているが、ほとんど曲を知りませんでした。

この曲は、初期のイーグルスの音に似ている気がして、YouTubeを探すと、
他の曲では、リズム&ブルースやロックンロールの雰囲気のものあって、
まさにアメリカンロックで、どの曲もメロディがしっかりして良いですね。

輸入盤のこと、昔は、輸入盤の方が国内盤よりも高価でしたが、その分、
レコードに厚みがあり、しっかりしている、音も良いと言われた気がします。


緑内障のこと、疲労が原因だと思われまずが、ご自愛ください。

No title

 ギターマジシャン さん

  こんばんは

  >全米トップ40、ベストヒットUSAに疎いという、

  十人十色といいましょうか、音楽との関係は驚くほどちがいますね。
  いろいろなかたたちのブログを拝見して、強く感じます。

  私など有名どころを聴いていれば安心という超保守的な嗜好なのですが、ブログを始めて、他の方たちとの交流を通して他の方たちの話題についていけなかったり、観方聴き方を改めたり、と新たな発見がありました。
  
  ギターマジシャン さんのように演奏と音楽記をサイトに載せている方を知り、自分の考える範疇になかったものですから、驚きを禁じえません。
  
  >初期のイーグルスの音に似ている気がして

   そうですね、事実
   Side2 の4. "Fire Lake" はバックコーラスをイーグルスのメンバーがつとめています。

   コメントありがとうございました。

おばんです

> きっと外国人講師が選んだのではないでしょうか。

↑1977年頃当時は、小林克也さんでした。
スティーブ・ミラーバンドやバッド・カンパニー、
キッスなども教材にされていたのを覚えています。
(しぶいメンツでしょ・笑)
本講座のティーブレイクみたいなコーナーでした。

No title


つかりこ さん

 こんばんは

 >スティーブ・ミラーバンドやバッド・カンパニー、 キッスなども教材にされていたのを覚えています。

 そうですか。70年代ロック全盛の時代ですよね。
 私はひとまわり上の世代ですが、J.B.ハリス先生でした。ほとんど記憶にないのですが、フォークソングが流れていたよな気がします。キングストン・トリオとかブラザーズ・フォーですね。

 私の時代は東京から北海道の東までですから、電波の通りが悪く雑音交じりのリスニングでした。
 すっかり忘れていた「百万人の英語」という語彙を思い出しました、ありがとうございます。

No title

mikitakaさん お久しぶりです。

前の二つの記事にもコメントをさせていただきたかったのですが、
ネット接続が途切れがちになる問題が頻発し、かなわないままになっておりました。
今も騙し騙し使っている状況は変わらないのですが、
何も対処していないのに、少し良くなっているのですから、何が原因やら掴めないままです。

おまけに自分の体調も少し優れず、トホホな気持ちで過ごしておりましたら
mikitakaさんもお医者さん絡みの記事を書かれているのを拝見し
時節柄、溜まった疲れが出やすいのかもしれないと思いました。

それにしても、往復800キロの運転と、1週間のお母様の看病のお疲れは相当なものだったと思います。
どうぞご自愛ください。

九州では大きな災害が起き、心が重くなることが多いですが
ボブ・シーガー、心地よかったです。
気分転換にうってつけですね。ありがとうございました。




No title


 櫟コナラ さん

 >時節柄、溜まった疲れが出やすいのかもしれないと思いました。

 こんばんは

 たった今母の見舞いを終えて帰ってきたところです。今回は十勝地方ですので往復400キロほどですみました。半分妻に運転してもらったのですが、道中はNHKラジオで九州の地震被害を聞きっぱなしでした。

 本当にどう表現したらよいのか、自然災害の前では立ちすくむだけです。十勝までの行程はトンネルがすごく多いので、いつも地震が起きたらと不安になります。しかし、現実は想像を超えるすさまじさです、

 個人でできることを模索するだけなのですが、今日は偶然帯広市から熊本大地震応援の自衛隊第五大隊の出発にでくわし、ご家族が見守る中、途中まで大型トラックの後を追い、心の中で声援を送ることができました。

 櫟コナラさんの体調もあまりすぐれないようですが、時節柄体調を崩しやすい時期ではないでしょうか。

 ご自愛なさってください。

 私も十分気を付けたいとかんがえます。
 パソコン不調の時はけしてイライラしないことです。経験上~。
 コメントありがとうございました。
 
 
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。