スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

701枚目 ブルーナの「はじめてであうレコード 童謡編」から「おつかいありさん」を聴き直しました

701枚目 ブルーナの「はじめてであうレコード 童謡編」から「おつかいありさん」を聴き直しました

レーベル :COLUMBIA
発売年 :1974年
発売元 :日本コロムビア


1ブルーナ


2ブルーナ


 テレビのニュースを見て思わず涙が出ました。
6日間も消息をたっていた小学2年生の男の子が発見されました駒ヶ岳のふもとにある自衛隊演習林です。日本中を驚かせました。夜寝る際にまだ毛布を手放すことのできない私は、低温が続くこの気象状況ではかなり厳しいと悲観的でした。なにしろ半袖のTシャツとジャージ姿だったのです。
 本当に驚きました。ローカル局は捜索隊に参加した地元の登山家のお話を報道しましたが、その方もこの男の子の行動を讃えていました。あまり行動しないで、屋内にいたのが良かったそうです。それにしても水だけで6日間も耐えたのですから、その精神力の強さにびっくりします。
 この男の子がいなくなったその夜から北海道の天気が悪くなり、大雨が降ったり風が強かった太陽がほとんど出ませんでした。最低気温が10度を切る日が続きました。夕方のローカルニュースを見るたびに気持ちが重くなりました。特に今朝は寒く、朝刊の捜索隊を縮小するという記事を見て、暗澹たるきもちになりました。
 それがうれしい嬉しい急展開です。初めはテレビのニュースにわが目を疑いました。今回の場所とは違う、北海道東部の自衛隊演習林近くに山菜を採りに行ったことがあります。妻や職場の仲間と行ったのですが、場所によっては道路からちょっと入っただけで方向感覚がマヒします。すると、もうパニックです。大声をだすのも恥ずかしく、まずは車の通過音に耳をすませ、道路を目指します。以来、磁石を必ず持参するようにしました。
 仲間と行っても、この有様です。
 この子がたったひとりで森の中を通り自衛隊演習林にある建物にたどりついたのは、ただただ驚きです。奇跡です。そして体育用マットにくるまって夜を過ごした。その冷静さに驚くしかありません。
 この季節、昼はカッコウが鳴き、種々の鳥の声と混じり気持ちがなごみますが、夜は名前は知りませんが羽ばたきの大きい鳥がジュジュジューというどちらかというと不気味な鳴き声で飛び回るのです。車の音や空の飛行機の音でも聞こえると、少しは不安感も和むのでしょう。たぶん聞こえなかったはず。
 そして空腹と恐怖心と闘いながら6夜を過ごしました。凄い、としか表現できません。ただただ嬉しいです。

 ご家族の方、ご親戚の方々、運動会を延期してこの子の帰りを待った学校の先生と生徒のみなさんに心からおめでとう、と言います。

 警察、消防団、自衛隊、地域の有志の方々に本当にお疲れ様でした、と言いたいです。
 大和くんはこの6日間、水だけを飲んで何を思っていたのでしょう。それは想像できませんが、きっと好きな歌や良く歌った歌をくちずさんだこともあったでしょうね。

おつかいありさん
スポンサーサイト

700枚目 「石原裕次郎」から「赤いハンカチ」を聴き直しました。

700枚目 「石原裕次郎」から「赤いハンカチ」を聴き直しました。

レーベル : TEICHIKU
発売年 :1975年
発売元 :テイチク株式会社


裕次郎

 
NHK ドキュメンタリー番組「72時間」の「昭和歌謡に引き寄せられて」再放送を見ました。熊本大地震が起きる前のことでした。
 新宿のディスクユニオンに「昭和歌謡」のCDとレコードを専門に扱っている部所があるのですね。新宿駅東口近くの「ミツ●ネ」地下にあるそうです。CDとレコードが合わせて3万枚以上あるとか、それがすべて歌謡曲ですから、まさに圧巻です。
 驚いたのはそこに集まる人たちです。昭和歌謡ですので、来店するのは高齢者と思いきや、老若男女10代から70代まで、さらに外国人も含めて多種多様、雑多な人たちが次々とやってきます。
 今流行のアルファベット+数字グループやダンスユニットではなく、80年代のグループやアイドルがいいという十代の男女。カルメン・マキとOZに心酔するフランス人。戸川 純が好きというアジア系の女性、桑名正博のプロモ―ションを担当したことがあるという広告会社の60代後半元社員、石原裕次郎の歌をバックに初恋の人を語る70代男性、うれしい時に岡田有希子を聴くという中年の岡田ファン。介護を必要とする母親が好きな美空ひばりの歌をカメラの前で歌い、母親の介護について語るこれも中年男性等々、3日間合計72時間、様々な来店者を映し続けます。
 「レコードは回る、人生も回る、そして音楽は引きつがれていく」とナレーションがさりげなく流れるのですが、いいこと言うなあ、と感心しました。最近はレコードを聴いても、レコードの回転を意識することなどなかったのです。
レコードが回転する様子を観察するのも面白く、レコード針を含むカートリッジがかすかに上下しながら円盤の中心部へ向かう所を見るのはけっこう心地よいのです。そう感じるのは私だけでしょうが。最近はその作業すら忘れていました。
石原裕次郎の「赤いハンカチ」を歌う76歳の老人は「死ぬ気になれば ふたりとも 霞のかなたに 行かれたものを ♪♪」、と口ずさみ、「死ぬ気になれなかったから一緒になれなかった」とてれ笑いしながら語るのです。実はこの部分は2番。この76歳の高齢男性は歌詞の2番をスラスラ歌えるのです。私はそれほど真剣に歌と向かい合ったり、聴いたり、歌ったり、覚えたことがありません。そこが決定的にこの方と違います。
NHK ドキュメンタリー番組「72時間」に出てきた「熱い人たち」にはなれませんが、せめて「赤いハンカチ」でも聴いてみようと思いました。歌詞カードを見ながら聴いてみて愕然としました。読めない漢字がでてくるのです。難しい漢字を諳んじ、歌詞カードをみなくても歌える、ドキュメンタリー番組「72時間」に登場した昭和歌謡をこよなく愛する人たちに拍手を送ろうと思いました。
 

こちらはyoutube

699枚目 ボブ・シガーとThe Silver Bullet Band「Against the Wind」から「Against the Wind」を聴き直しました。

699枚目 ボブ・シガーとThe Silver Bullet Band「Against the Wind」から「Against the Wind」を聴き直しました。

レーベル :Capitol
発売年 1973年
発売元 EMI

silver bullet band


Side One
1. "The Horizontal Bop"
2. "You'll Accomp'ny Me"
3. "Her Strut"
4. "No Man's Land"
5. "Long Twin Silver Line"
Side Two
1. "Against the Wind"
2. "Good for Me"
3. "Betty Lou's Gettin' Out Tonight"
4. "Fire Lake"
5. "Shinin' Brightly"

 友人の見舞いと母の看病をかねて北海道の東まで行ってきました。
走行距離は往復800キロを超えました。今回はひとり旅でした。
友人は私よりひとまわり若いのですが、脳血栓で倒れたのです。幸い体に麻痺は残らずに回復したのですが、めまいが治らず歩くこともままなりません。めまいの気持ち悪さをつい先日体感しただけに、かける言葉もありませんでした。あとは薄皮を一枚一枚むくように時間をかけて回復を待つしかないそうです。心臓に重い症状をかかえているのに今春の豪雪でいつも以上に雪かきを頑張りすぎたのが原因だったようです。
友人を見舞った後は要介護5の母の見舞いと看病を妹に代わって1週間やってきました。口をあけてものを食べるという動作を忘れてしまったようで、全くと言ってよいほど食べようとしません。なんとか粘ってひとくち、ふたくち食べさせます。痩せ細った体に点滴は無理で、口から栄養を摂取するのがただ一つの方法です。

芽室駅線路

長旅の途中に通った踏切です。
 北海道の東のJRは単線ですので鉄路を見ただけでも寂しいのです。
 さらに本数も削られるものですから、ますます寂しさがつのります。

さて、長旅のためか、片方の目がひどく充血しておさまりません。今日はかかりつけの眼科へ行ってきました。原因は何年もさしている緑内障の点眼薬だとのこと。薬を換えてもらいました。突然薬が合わなくなるのですね。医者はよくあることと軽く受け流していましたが、これも加齢がなせるわざなのでしょうか。
診察を待っていると年配のご夫婦が私の前に座り、そこに奥さんの知り合いの女性が通りかかり、挨拶を交わしながら、ご主人の目の状態について話すのが聞こえてきました。緑内障が悪化して片方が失明状態とか、私と同じ病気なので、ショックでした。放置していたのではなく、きちんと通院していたというのです。年配の女性同士ですから声も大きく、聞きたくなくても聞こえてきます
意気消沈し帰宅した後に、選んだレコードはまずジャケットの絵柄から。若い馬が疾走しているこのジャケットが好きです。ボブ・シガーの歌も力強くていいです。長旅の途中に通る日高の牧場では若い馬の走る様子が残念ながら見ることができませんでした。
このレコードはUS Capitol盤、前回のキングレコード盤に比べると音質が格段にちがいます。

こちらはyoutube

698枚目 ローリングストーンズ「LIVE」から「Under My Thumb」を聴き直しました。

698枚目 ローリングストーンズ「LIVE」から「Under My Thumb」を聴き直しました。

レーベル :LONDON
発売年 1973年
発売元 キングレコード

rolling stones live


一枚目 Side1
1. Under My Thumb
2. Get Off Of My Cloud
3. Lady Jane
4. Not Fade Away
5. I've Been Loving You Too long
6. Fortune Teller
Side2
1. The Last Time
2. 19th Nervous Breakdown
3. Time Is On My Side
4. I'm Alright
5. Have You Seen your Mother Baby
6. Satisfaction
二枚目 Side3
1. Jumpin' Jack flash
2. Carol
3. Stray Cat Blues
4 Love In Vain
5. Midnight Rambler
Side4
1. Sympathy For The Devil
2. Live With Me
3. Little Queenie
4. Honky tonk Woman
5. Street Fighting Man


 今日の当地の新聞は北海道新幹線開通の話題でいっぱいです。一方では同じ日に北海道のいくつかの無人駅廃止がJRより発表され、鉄道マニアが写真撮影に集まっている。複雑な心境です。つい先日も「寝台特急カシオペア最後の運転」ということで当地の鉄道写真撮影ベストスポットに全国から鉄道カメラファンが訪れました。とにかく今月の北海道は鉄道話題が沸騰です。私は興味なく、今日は我が畑の近くに舞い降りたハクチョウを写してきました。

ハクチョウ


さて、これでもかというほど夥しい北海道新幹線記事の片隅に小さく「ハバナにR・ストーンズ」と言う記事を見つけビックリしました。
なんとローリング・ストーンズがキューバのハバナでコンサートを開いたのですね。約50万人が集まったとのこと。もちろんキューバ史上初めての大コンサート
北海道に新幹線が来ることが私にとっては夢みたいな話ですが、キューバで欧米のロックグループによるコンサートが開かれるのはもっと驚きです。というのも、個人的にキューバ危機は衝撃的な事件だったのです。
 高校受験を控えた秋だったと記憶しています。団塊世代の私たちは小学校で一つの教室に60名も詰め込まれ、中学でもひとクラス50数名でした。それが1学年15クラスもあり、とんでもない状況にありました。さすがに見かねた市の教育委員会が急きょ中学校を新設し、私は新設の中学校へ強制転校。体育館もありませんでした。高校は私立が2つ増えましたが、授業料も高く我が家の経済状況では公立しか行けません。あとは場所を選ばなければ企業内高校というものもありました(大半が本州、働きながら学ぶシステム)。担任教師からはしょっちゅう、3人に1人は全日制の高校に入れないぞと脅されていました。高校入試を目前にした時にキューバ危機が勃発したのです。1962年のこと。希望の高校に入れるか不安の絶頂にいた時のニュースでしたから鮮明に覚えています。
 人生で最も多感な時期ゆえに、ネガティブ思考が先行してキューバとの和解など、つゆほどにも思いませんでした。それどころか米ソ間で核戦争が起きるのではないかと不安が増幅しました。
 時代が大きく変わったのですね。米大統領がキューバを訪問する。キューバ音楽団が世界に出向き外貨を獲得する。今度は世界の名だたるロックバンドがラテン音楽の本場、キューバで公演。先鞭をきったのがローリングストーンズというのが衝撃でした。
 1962年キューバ危機はストーンズ結成の年なのです。彼らもまさかキューバのステージに立つとは夢にも思わなかったでしょう。1973年発売の「Live」,これは1966年ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール・コンサート実況と1968年ニューヨーク・マジソン・スクエア・ガーデン・コンサート実況を編集した二枚組です。 3.26.2016記

こちらはyoutube

697枚目 ジェファーソン・スターシップ「SPITFIRE」から「St. Charles」を聴き直しました。

697枚目 ジェファーソン・スターシップ「SPITFIRE」から「St. Charles」を聴き直しました。

レーベル :GRUNT
発売年 1976年
発売元 RVC株式会社

Side1
1. "Cruisin'"
2. "Dance with the Dragon"
3. "Hot Water"
4. "St. Charles"
Side2
1. "Song to the Sun:
2. "With Your Love"
3. "Switchblade"
4. "Big City"
5. "Love Lovely Love"

Windows10に手をだしたばっかりに…。
Windows7をたちあげるたびに目に飛び込んでくる『今だと無償』の二文字に負けて取り込んだのがそもそもの間違いでした!!

 高齢者の手におえないのですよ。昨日あったはずのアプリが今日はない。どころか、スタートボタンがクリックしても無反応、一昨日メールを開けたのに、今日は開けない。かつての同僚に電話しても出てくれない。
 そこで、いつも気になっていた贈答品ショップ兼パソコン修理店へ直行。かつては贈答品店、今はパソコンショップ化した不思議な店の若い担当者が私の顔を見て、多くの説明を必要とせずに事態を理解してくれ、「夕方までにセブンに戻します」と即答。
 夕方に電話が来たのですが、「どこかがバグってセブンに戻れません」、と。無理もない、購入後4年になる古いモノに最新のソフトを入れること自体が無理だったのです。何とかしてと頼み、結局8000円の出費。

かくして老人を巡る様々な問題に直面しながらも季節はあっという間に「卒業」や「入試」、「合格」、「入学」に突入しました。



1北広島高校美術部作品



私が愛してやまない当地のイベントスペースで前回ご紹介した書道部作品展を主催した高校とは別の高等学校美術作品展が開かれていました。パソコントラブル以前のことです。
もう説明の必要はありません。高校生の豊かな感性に圧倒されます。



北広校外展覧会


北広島高校美術部作品3 - コピー

このような作品を見ると内面からフツフツと力が湧いてくるような気がします。


2北広校外展


それじゃ、じいちゃんも頑張るか、と腕をふるいたくなるのですね。ところが、ふるいたくなる腕や技を持ち合わせていないのですよ。気が付くと、ですね。じいちゃんらしく琴、三味線、尺八、書道の筆に絵筆も剣道も柔道も空手もダメ。あ~あ、きちんと日本文化に取り組めばよかったなあ。

せめてレコードジャケットでも、高校生の感性に勝てないまでも負けないモノをと、選んだのがコレ。「ジェファーソン・スターシップ」の『SPITFIRE』,『星船』です。

 何枚か持っているイラストレイター長岡秀星の作品です。
で、このレコード、ジャケットやライナーノーツのイラストも素晴らしいのですが、中身もよく、全曲アタリです、ハズレがありません。


  ジェファーソン

こちらはyoutube
プロフィール

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。