FC2ブログ

790枚目 ナンシー・ウイルソン『Deluxe Double Series~恋は水色』を聴き直しました

790枚目 ナンシー・ウイルソン『Deluxe Double Series~恋は水色』を聴き直しました



ナンシーウイルソン



こちらはyoutube


1970年前後の3年間ほど東芝音楽工業が展開した『Double Deluxes 2LPシリーズ』,
100数枚リリースされたうちの1枚です。
和風フォークからジャズまで幅広いカテゴリーのシリーズでした。

レコード会社各社が日本独自の編集でシリーズもののアルバムを出していました。

それにしても、ナンシーウイルソンと「恋は水色」の組み合わせがあったとは、知りませんでした。
 

発売年:1970年
レーベル:Capitol
発売元:東芝音楽工業


話変わって、
我が家から30数キロしか離れていない場所での悲惨な事件がありました。

札幌市中央区で起きた2歳児の虐待死です。

もう、
言葉がありません。
同じ年齢の孫を持つ身ですので、なおのこと、事件が重く突き刺さります。

この子はなんのために生まれてきたのか?

生後ほんの数か月は大切にされたのでしょうが、
その後、幼い命を守るはずの大人たちの対応が負の連鎖。

たった2年と数か月で、大人たちが小さな命を奪いました。

何故こんな目に合わなければならなかったの?

この子にとっては訳がわからないままでの地獄の日々でした。

周囲の大人たちは標準体重の半分しかないこの子を見て、
非常事態だからと、保護することさえできませんでした。

誰が見ても異常だったはず。
気がつかないことはありえません。

泣き声を不審に思った地域住民の声がしかるべき所へ届きませんでした。

そして、そのしかるべき所では今、
この国に蔓延してしている言い訳と責任のなすりあいです。

ローカル紙は連日、詳しく報道していました。

事件を知れば知るほど、悲しみと怒りとやりきれなさで一杯です。

当の自分は何ができるのか? できたのか?
自問しても答えは見つかりません。




私事ですが、
いやな事件が続くと、
人とのコミュニケーションがおっくうになりがちです。



じゃがいも


そこで、頼ることができるのは周囲の自然です。

土と天気と野菜と果樹です。

でも、これらを相手にすると、トラブルが必ず発生するのです!!

機械のトラブル。
耕運機と草刈機は必ず一度停止させて点検と原因の排除。
時間がかかります。

野菜は蒔いたタネが芽を出してくれるのか?
なかなかうまくいきません。
水分不足があちこちで発生します。
水やりが大変です。

果樹部門では
ブルーベリー、ハスカップの実が老木となり、元気がありません。
マニュアルを読んで今年はワラを敷いてみました。

はたして効果があるものやら。。。


ブルーベリー はすかっぷ


昨年挿し木に成功したベビー・ブルーベリー、ハスカップがなかなか大きくなりません。

サクランボ、プルーン、グミは消毒が必要です。
病気を発生しています。
早目の処置が必要で、ホームセンターで聴いても答えは?

ホームセンターは売ることだけが主で
なかなか質問には答えてくれません。

あれだけ多くの品目を扱っているから無理なのでしょう。
少し遠くにある農協資材部へ。

商品はありましたが、何しに来たの?感が強くて、
人間不信気味のじじいにはつらいものがありました。


無農薬栽培の難しさを実感しています。

畑周辺の気の遠くなるような草刈があります。

なにより妻の実家の畑まで車で2時間の距離がズシズシ重くのしかかりつつあります。

自然相手に格闘していますが、
効率も時間も考えずにのんびりとやっていくことにしましょう!!




スポンサーサイト

789枚目 ポリス『アウトランドス・ダムール』を聴き直しました

789枚目 ポリス『アウトランドス・ダムール』を聴き直しました



ポリス



発売年:1978年
レーベル:A&M
発売元: A&M

収録曲
Side A

1. ネクスト・トゥ・ユー
2 ソー・ロンリー
3. ロクサーヌ
4. ホール・イン・マイ・ライフ
5. ピーナッツ

Side B

1. キャント・スタンド・ルージング・ユー
2. トゥルース・ヒッツ・エヴリバディ
3. 俺達の世界
4. サリーは恋人
5. マソコ・タンガ


こちらはYOUTUBE

久しぶりの更新です。
きっかけは車の運転中のラジオから流れるスティングでした。
妻の実家へ向か途中のことでした。

やや疲れ気味に、しかし慎重に運転した時にスティングが流れてきました。
タイトルは忘れました。
実家での農作業を終えて帰宅後、
レコード棚から取り出したのが、「Outlandos d’Amour」です。
私には珍しいUS盤です。
ラジオで聴いた楽曲は入っていません。
残念。

私の中ではポリスは1980年代の代表的なロックバンドと認識していました。
『アウトランドス・ダムール』は1978年の発売でした。
70年代から活動していたのか!

聴き直してみると、ポリスの先進性が伺えます。
80年代ロックを牽引し、21世紀に入ってからは、スティングがジャズにまで挑戦し、大きな成果をあげたのも、うなずけます。

さて、音楽の解説はこの程度にして、

野良仕事日記といきましょう。

ややポツンと一軒家的な生活を営む私、忙しい5月でした。

前回の続き、
鹿肉の燻製を作りました。
今までの燻製作りでは最も成功したかな?
完成品を写すのを忘れました。


しかのくんせい作業



筍とウドの葉を刻んだものをオリーブオイルでいため、塩コショウで味付ました。
うまいです。



鹿肉くんたけのこ



タランボの芽をつみ、てんぷらにして食しました。
1週間連続で食べてもあきないスグレものです。


ヨモギを摘み草餅を作りました。
ゴールデンウイークに遠くは浜松、東京そして道東の根室から来た友人たちに
喜ばれました。



ヨモギもち作り


ヨモギの成長は早いので、丈が短いうちに摘みます。
茹でて冷凍し、正月用のもちの材料として保存しました。

今年はふきのとう摘みをサボりました。
後日、農協の直売所にフキノトウ三升漬けのびん詰めが売っているのを見つけました。
アレならいくらでも作れるぞ!!
来春の課題です。

今は妻の実家にたくさんあるキャラブキを採取してビン詰め作成中です。
わらびを採って塩漬けにしています。今月下旬まで続きます。

ルバーブのジャムも簡単にできたので、
ルバーブを増やそう!!

問題は消費力が低いこと!!
食べるのは私だけ。
ご飯党のわが家には合わない、
販売しようか?
ムリだべな。

草刈機がダウン!!
新しいものに取り換えました。
ホームセンターには各種の草刈り機が展示されていますが、
我が家の庭と実家の畑の草刈りには適しません。馬力が小さいのです。
今まで修理をお願いした農協の農機具整備工場で購入しました。
ホームセンターの草刈り機の2.5倍もします。
明日から粗食に耐えます。

妻の従弟から借りた耕運機にも挑戦しました。
イセキの古いモデルです。
おそるおそる使っている内にすぐ、動かなくなりました。
田んぼの準備で忙しい従弟の手を煩わせるわけにもいかず、
原因を調べ、プラグを取り換えました。
一発で再起動、ルンルンです。
Youtubeで機種の番号を入れて動かし方、症状などを調べると、
私のような年寄りでも修理できるのですね。感謝です!!



イセキ耕運機畑つくり


屯田兵として空知の原野を切り開いた妻のご先祖さまの
百分の一くらい汗をかきながらの農作業、
すっかり開拓農家の気分です。

朝ドラ「なつぞら」の草刈正雄に似てないか?俺って?

と、調子に乗っていたら、回転羽根に土中に埋まっていたロープがからんでダウン。
気分も一気にダウン。
妻の手を借りて、苦労して取り除きました。

再稼働すべく、スターターのロープを引くと、
なんとぷつんと切れてしまいました。

負の連鎖とは良く言ったものです。
これは私ではムリ。

妻の実家地域を担当する農協整備工場の若いお兄ちゃんがスグ来てくれて、
30分ほどで取り替えてくれました。

「年寄りの冷や水」と冷たい視線を浴びるべなあ、との心配をよそに
何かあったらすぐ連絡してと、名刺を置いていきました。

競うように新しい農機具が並ぶ田園風景に
そぐわないイセキの古い耕運機
じいさんが畑を荒さないように、耕していると思われたのですね。
ありがたい。


残念なのはつい5年ほど前まで実家にあったトラクター。
義父が3~4年ほどしか使わなかったモノ。
タダ同然で業者に引き取ってもらったそうです。
アレなら私でも運転できたのに!!

話変わって、
高齢者の運転に厳しい目が注がれています。
従って、できるだけ車を運転しないようにしています。
運転の際は最大限の注意をはらう。

でも、
私たち夫婦の場合はどうしても運転しなければなりません。

義母が遺した畑の管理のために。
毎週のように車で2時間かかる妻の実家に通わなければなりません。

難しいことは考えずに
育てる野菜や果実の種類を考え、調理法保存法を考え、しばらくの間、
土と格闘しながら農夫気分でいよう!!


788枚目 ジョン メイオール『Primal Solos』を聴き直しました

788枚目 ジョン メイオール『Primal Solos』を聴き直しました



ジョンメイオル



発売年:1974年
レーベル:LONDON COLLECTOR SERIES
発売元: LONDON

収録曲
Side A
1 Maudie
2 It Hurts To Be In Love
3 Have You Ever Loved A Woman
4 Bye Bye Bird
5 I'm Your Hoochie Coochie Man

Side B
1 Look At That Girl
2 Wish You Were Mine
3 Start Walkin'

こちらはYOUTUBE

つい先日のことです。
高校時代の友人からメールが入りました。
これから奥さんとエリック・クラプトン『日本武道館公演2019』に行くところだ、
と言うのです。

私は絶句しました。

こちらは先日いただいた鹿の角を切りきざみ、

さらに別の知人がわざわざ届けてくれた鹿肉をどう処理するか思案していたのです。

何という、クオリティ オブ ライフの違い!!

クラプトンの日本公演など、現在の私の生活には絶対にありえないキーワードです。

彼とは昨年、ほぼ半世紀ぶりに会いました。

長い時間の経過が一気に戻った感じで、脳が若返りました。

忘れもしない、大学1年時の彼と南武線沿線で同居した1966年7月、ビートルズの日本公演

彼は4000円のチケットを買って日本武道館へ。
彼に行こうと誘われながら、ひと月の生活費が2万円そこそこの赤貧にあえぐ私。
4000円が捻出できません。

ここは借金をして、までも...。
迷いながら、決心がつがなかった私。

四畳半の下宿のふとんの中で、興奮して語る彼のビートルズ武道館公演話に耳を傾けたのがなつかしい。
なぜか、隣にあった肉屋のコロッケが5円だったことも思い出しました。


高校時代に洋楽のあれこれを教わったのはすべて彼でした。

埼玉に住む彼は今でもチャンスがあると、よくコンサートにいくのだそうです。
それも必ずおくさんと。

時には娘さんご夫婦と四人連れで。

一方の私、
形だけの音楽ブログを謳っておよそ10年。
音楽サイトの片隅に寄生してまいりました。
その間、生の演奏は高校生の吹奏楽と自衛隊音楽隊のアウトドアコンサートだけですから。

その差たるや、あなた!!


と、今更嘆いても始まりません。

『俺にはこれがあるじゃないか』と、レコードを引っ張り出しました。

実は手間のかかるレコードより、CDをプレーヤーに乱暴に入れて、
各種の作業をしながら聴いているのが毎日の実態であります。

『アナログレコード鑑賞日記』のメッキも剥がれかかって野良仕事日記になりつつあります。



ということで、
本日はなんの脈路もなく、
先日いただいた『鹿肉の燻製』作りをご紹介します。

くんせい1


先に息子家族にあげた鹿肉をレアのステーキで食べたら、とても美味しかったそうです。

なにしろ、北海道胆振地方で何十年も猟師をやっている方が捌いた鹿肉です。

プリップリの新鮮鹿肉。

解体方法によって鹿肉の味はずいぶん変わるそうです。
血を抜くスピードとワザが鹿肉の味を左右するそうです。

これは素人でもわかる。新鮮だ!!

自然解凍した鹿肉にフォークで適度に穴をあけ、塩と三温糖をまぶして擦りこみます。


くんせい2


ローリエ、ローズマリー、バジル、ブラックペッパー、にんにくの破片と赤ワインを加えたソミュール液に漬けこみます。
ちなみにニンニクは自家製。

昨年、たくさん作ったバジルとローズマリーはじゃまだからと、妻に捨てられ、
こちらは調味料BOXにピタリと収まるハ●ス製です。

今年こそは捨てられないように、男の料理のレパートリーを広げてふんだんに使おう。



くんせい3


ジップロックに入れて冷蔵庫で1週間ほどねかせます。



くんせい4


1週間ほど冷蔵庫に置いて、燻したいと思いますが、
ゴールデンウイーク真っ最中ですから、
孫たちが遊びに来ると、
ジジの燻製作業は延期となるでしょう。


アツそだ、『Primal Solos』にもどります。

これはレコードで聴いたのが正解でした。
1960年代のブルース願望というのですか、クラプトンのギターに一部ミック・テイラーが加わります。

本場のブルースにいかに追いつくのか、まだ薬にヤラれていないクラプトンの技が光ります。
さらに、
ジョン メイオールのオルガンが60年代に引っ張り込みます。
オルガンは60年代ロックの必須アイテムだと思い込むんは私だけでしょうか。


また、ジョン メイオールのブルース・ハーモニカって、本場の黒人プレイヤーとはひとあじ違って聞こえます。
専門的なことはわかりませんが、すごいテクニックです。

レコードだからそのように聞こえるのかなあ。

もちろんジャック・ブルースのベースがしっかりと支えます。

録音技術は当時クラシック畑で絶大な力を誇ったLONDONの技術者達。

アナログ時代の録音最高峰スタッフ、と勝手に思い込みます。

クラシックレコードには録音スタッフの名前が記されているものが多いですが、
ロック・アナログ盤はほとんど見た記憶がありません。

とまれ、
うまく表現できませんが、8曲すべてが、60年代の熱い時代に戻してくれます。
録音技術でアレンジするのではなく、現場の状況をどれだけ正確に残そうかという、
努力なのでしょうね。


でも、1週間ほど前の武道館公演、
良かったでしょうねえ。


○○クン!、今度は私も誘ってね!!
わずかな定期預金、解約しておきます。

787枚目 ベイカー・ガーミッツ・アーミー『進撃』を聴き直しました

787枚目 ベイカー・ガーミッツ・アーミー『進撃』を聴き直しました


発売年:1975年
レーベル:VERTIGO
発売元: 日本フォノグラム



ベイカーアーミー



Side A

1. ヘルプ・ミー
2. ラヴ・イズ
3. メモリー・レーン
4. インサイド・オヴ・ミー
5. アイ・ウォナ・リヴ・アゲイン

Side B

1. マッド・ジャック
2. 4・フィル
3. シンス・ビギニング


youtubeのベイカー・ガーミッツ・アーミー『進撃』


「ジャケット買い」
なんてカッコいい響き。

少なくとも、私が若い頃には現代用語辞典にものっていませんでした。

いつのころからの語彙なのでしょう?

LPレコードなどなかなか買えなかった若い時分に比べると、今は少し豊かになり、「ジャケット買い」ができるようになりました。

といっても、ハードオ○の108円コーナーのお話ですけど。

ハズれでも我が家の家計に大きな影響はありませんからね。

モノが増えることに目を光らせる妻のチェックから逃れさえすれば、OKなの
です。

ベイカー・ガーミッツ・アーミーのアルバム『進撃』、
ジャケットが目を引きました。

ただただ、ワイルドな絵柄だけに惹かれたのです。
30センチ四方のアルバムに描かれた4頭の馬の、特に目がすごい。

一方、ベイカー・ガーミッツ・アーミーのベイカーがジンジャー・ベイカーと知ったのはつい最近のことでした。

私の場合、108円レコードを買ったままの状態にすることが多いのです。
レコードプレーヤーに乗せられないままに、棚に放置されている訳です。
従って、ベイカーとジンジャーベイカーは長い間つながらないままだったのです。

ベイカー・ガーミッツ・アーミー『進撃』はレコード購入者が、(私のことですが)、
ある日エゾ鹿の角を手に入れ、野生に目覚めました。

次に、このレコードの存在を思い出して、
聴いてみたのが始まりでした。

クリーム、ブラインドフェイスと渡り歩いたジンジャー・ベイカーがたどりついたのは、なんとアフリカのナイジェリアだったのですね。
大貫憲章氏がライナーノーツに長文を書いています。

アフリカを目指したジンジャー・ベイカーがガーミッツ兄弟と組んだアルバム、「進撃」

私には8曲すべてがジンジャー・ベイカーのドラムだけが目立っている程度の感想しかありません。

やはり、ジャケ買いの限界なのでしょう。
ジャケットの良さイコールレコードの素晴らしさとは、いかないようです。

さて、エゾ鹿の角はと言えば、夢は広がります。

息子のお嫁さんが編み物にこって、孫たちのセーター類はハンドメイド。

帽子もソックスもマフラーもすべて手編みで、この冬を越しました。
じゃあ、ジジも何か、と思い、根室半島に住む友人が送ってくれた鹿の角の細工を思い立ったのです。

北米、特にカナダでは鹿の角の加工が盛んです。
彼らほどの技はムリですから、せめてボタンでも作って、孫たちの帽子やカーディガンを飾りたい、とジジは真剣です。

ただ、鹿の角の細工に『臭い』がつきものなのです。

初め、電動丸ノコを使ったのですが、強烈な臭いがたまりません。
そこで、手ノコでゆっくり切り落とします。



しかつの 加工


電動ノコギリで切った際の強烈な臭いのためか、
いつの間にか、我が家の天敵のキツネが現れました。




きつね

こいつ、夜な夜なあらわれては、時にギャアギャアわめくのです。
冬は雪ダマ、今は小石でおどすのですが、
肩の力が衰えた私の力を知っているヤツはいつも平然としているのです。

チャンスがあれば、鹿のつのをかっさらおうと、
あわよくば、鹿肉にもありつこうと、残念ながら肉はないのですが。。。

その魂胆がヤツの目からうかがえる。

小石で狙いを定めます。

ほとんどが1メートル以上も左右にそれてしまいます。

それが悔しいのですよ。

786枚目 ザ・テンプターズ『ゴールデン・コレクション』を聴き直しました

786枚目 ザ・テンプターズ『ゴールデン・コレクション』を聴き直しました


発売年:1970年
レーベル:PHILIPS
発売元: 日本フォノグラム



てんぷたーず



Side A

1.神様お願い
2.おかあさん
3.今日を生きよう
4.涙のあとに微笑を
5.純愛
6.僕達の天使
7.涙を笑顔に
8.テル・ミー・モア
9.秘密の合言葉
10.忘れ得ぬ君

Side B

1.エメラルドの伝説
2.雨よ降らないで
3.帰らなかったケーン
4.エブリバディ・ニーズ・サムバディ
5.愛の終り
6.復活
7.俺のものはなにもない
8.空白のブルース
9.出来るかい?出来るかい?
10.若者よ愛を忘れるな


こちらはyoutubeのザ・テンプターズ『ゴールデン・コレクション』



2日前、偶然入れたNHKのクローズアップ・現代という番組が

ショーケンを特集していました。



ショーケン


『“ショーケン”最期の日々』というタイトルでした。

俳優の萩原健一さんが『悪性腫瘍・GIST(消化管間質腫瘍)』という

難病で亡くなった直後のことでしたから、驚きました。

自らの死を意識してカメラの前に立っていたのです。

難病の『悪性腫瘍・GIST(消化管間質腫瘍)』については秘密にしていたそうで、

周囲のスタッフは腹部が異常に大きいな、位にしか見ていなかったのでしょうね。

相当にきつかったと思いますが、平気な顔で役作りをしていました。

ちらっとしか見なかったのですが、年寄りのラガーマンをテーマにしたドラマでは、

なんと、走っていました。

わずか1年前のことです。

脚本家の倉本 聰さんがショーケンを『演技の天才』と呼ぶ理由がわかりました。

印象的だったのは、テレビを見ているショーケンが「このテレビ、全然面白くない、どうなっているの」的なことをつぶやくシーンでした。

やはりNHKが『92歳でなくなった俳優の織本順吉』さんのドキュメンタリーを数日前にやっていましたが、
織本さんも「今のテレビのつまらなさ」に怒っていました。

おふたりとも、テレビがどうあるべきかを知っていました。

でも、誰も耳をかさなかったのでしょう。
年よりは引っ込んでいろ、と。

レコードに話を戻します。

数あるGSの中で、ザ・テンプターズはショーケン人気だけが先行して、
さほど、人気はなかったと思うのです。

それが証拠に、このレコードの中で知っている楽曲はごくわずかです。

タイガースに比べると圧倒的な低さです。

ショーケンはザ・テンプターズの一員としてではなく、

俳優萩原健一として人生を全うしたのでしょう。
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
カテゴリ
検索フォーム
人気商品1
人気商品2
人気商品3
RSSリンクの表示
リンク