fc2ブログ

812枚目PPMの「花はどこへ行った」を聴きなおしました

812枚目PPMの「花はどこへ行った」を聴きなおしました

PPM.jpg


レーベル:warner bros
発売年 1962年
発売元 東芝音楽工業


長い間更新していません。
なかなかモチベ―ションがあがりません。
加齢のせいもあるでしょう。
今日はそうも言っておられず、PCに向かいました。

池澤夏樹さん。帯広市出身、76歳。精力的に執筆活動をしていらっしゃいます。
その方の記事を地元のローカル紙で見つけました。
2022年5月30日午後9時に世界で最も有名な反戦歌『花はどこへ行った』を歌おうという、呼びかけです。

池澤


早速手元にあるレコードを聞きました。
PPM(ピーターポール&マリー)とジョーン・バエズの2枚ありました。

とりあえず、PPMのを聴きました。
なんと、レコード盤の一部がかけていました。
『花はどこへ行った』は6曲目なので、影響はなく聴くことができました。
恐るべし、アナログの力。ディスクが欠けていようが、音が立派に出るのです。

池澤さんのSNSに従ってYoutubeへ行くと、キングストン・トリオやハリーべラフォンテ、大女優マレーネ・ディートリヒのもありました。
名前は初めて聞く方の名演もありました。
日本人の歌手もたくさん歌っています。

池澤夏樹さんは「新月の夜は願いがかなうという言い伝えがある」とのことで、5月30日を選んだそうです。

3月、「村上RADIO」の特別番組「戦争をやめさせるための音楽」でも取り上げられたPPM。その時は「悲惨な戦争」でした。

「村上RADIO」は聞き流すだけでした。
池澤夏樹さんの呼びかけには一緒に歌いたい、という気持ちになりました。

ベトナム戦争の当時、上記の二つの楽曲を下手なギターでよく歌ったものですが、50年以上も過ぎた今、また歌うことになるとは…。

昨夜も歌いましたが、当日の夜は新月に向かって歌います。


スポンサーサイト



811枚目「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を聴きなおしました

811枚目「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を聴きなおしました

マイギタージェントリー


レーベル:Apple
発売年 1968年
発売元 東芝音楽工業

1968年の「ザ・ビートルズ」通称ホワイトアルバムからリリースされた2曲のドーナツ盤。
A面はアルバムの#04.オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ。
B面が#07の.ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスです。

こちらはyoutube

ジャケットデザインは当時のサイケ調で、「ホワイトアルバム」とは、かけ離れたコンセプトで作られているのが、逆に面白いですね。

『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』の50周年記念エディションが、6CD+Blu-rayのスーパー・デラックス盤で登場して、早3年がたちます。

3年前、3万円を超す価格に驚き、オリジナル盤とは違うモノに仕上がっているとか、いない、とかの世間のかまびすしい評価にも興味がありませんでした。

私の聴力がかなり落ちでいるので、音質の良い・悪いなどわかりません。
視力の衰えを含めて、年齢を重ねることはこういうことか、と実感しているところですから…。

50周年記念エディションはオリジナル盤に比較すると、音質や音質の構成が違う,
とたくさんの評価が書かれています。

そんなに違うの?
売れないCDを何とか理由をつけて売るための宣伝文句じゃないかと、疑うばかりです。

さて、
手元にあるドーナツ盤の発売当時の価格は400円。

2セット持っているLP盤も、2009年発売のリマスター盤CDもリサイクルショップでそれぞれ、缶コーヒー1本分ほどの価格で入手しました。
LP盤CD盤ともに盤面に傷もなく良好な状態です。

ジャケットに瑕疵こそあれ、両方ともに音質には全く問題もなく満足しています。

「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」はyoutubeで色んなアーティスト版あるので、これは、聴くよりも観て楽しみます。

特にプリンスがカッコ良い、このバージョンが好きです。


話題が変わります。

今夏の猛暑は農作物の収穫に大きな変化がありました。
少雨と重なったためか、ジャガイモは昨年の10分の1です。

かぼちゃとサツマイモ、豆類はまあまあでした。
蕎麦は不出来でした。

サツマイモはどれも形が悪いのですが、ほとんどを乾燥イモにするので影響はありません。

マメも蕎麦も乾燥させて実を取り出し、さらに乾燥させる手間が大変です。

あずき 大豆


ただ、豆がらが近所のヤギが喜ぶので孫達と一緒に与えるのが楽しく、手間がかかりますが、楽しみに待ってくれるヤギがいるのでせっせと作ります。

ヤギは人参よりも豆がらが大好きです。

やぎ1

子やぎでもバリバリと音を立てて豆がらをパクつきますよ、この狭い場所は大きなヤギが入れないので、邪魔されずに食べれます。

やぎさん 豆柄


810枚目 ビートルズEP『ヤア!ヤア!ヤア! ビートルズがやって来る』を聴き直しました。

810枚目 ビートルズEP『ヤア!ヤア!ヤア! ビートルズがやって来る』を聴き直しました。

発売年: 1964年
レーベル: Odeon
発売元: 東芝音楽工業

ヤーヤーヤー1

ヤーヤーヤー2



久しぶりにipadから自分のサイトを見たら消えていました。あわててPCを開いたら無事にありました。

更新をしないと消されてしまうかも、と不安に想い走り書きといおうか、走り打ちです。この楽曲は少なくとも週に一度は聴いております。CDで。

初期のビートルズ作品は聴くと元気が出るのですよ。

このドーナツ盤は今プレーヤーにかけると針飛びこそはしませんが、ノイズが凄いことになっています。聴きません。

ただ、50数年間処分されずに段ボールで保管されているだけのもの。

何故引っ張り出したのか?

つい最近新聞で知ったのですが、『ヤア!ヤア!ヤア! ビートルズがやって来る』最新仕様 “4K Ultra HDブルーレイ”で発売されるのですね。

じゃあ、少ないネタの中から採用しよう。

この映画はテレビ放映も含めて何度見たことか!

全く新しい形で最発売されるので、嬉しい話題なのですが、複雑な心境です。

最初に見た時は北海道の東にある地方都市の映画館でした。立って見ました。立ち席も人でギッシリ、東京の満員電車ほどではありませんが、異常な熱気の中で、です。

鮮明に思い出すのはタバコの煙が蔓延している中での映画鑑賞。画面は白煙の中で曇っていました。

学生時代に東京の安い映画館で何度か見ました。熱気は全くなく、まばらな観客の中で。

故郷に戻った時は高校時代とは様変わりして、映画館の数が相当数減っていました。数少ない映画館のひとつで見ました。

今。映画を見る環境がすっかり変わってしまいましたね。見たい映画が何本かあり、来月から札幌の小さな映画館で期間限定上映されるものもあります。

見たいけれど、現状では無理です。
今日も持病の緑内障の薬が切れたので一大決心をして病院に行ってきました。

数か月間家族とご近所の雪ハネ仲間意外とはほとんど、接触がありません。病院内での小さな咳にもおびえる始末です。

映画館に行くのは無理ですね

購入する余裕もありません。購入してもテレビは4Kじゃない。意味がない。

ここはじっと我慢して、youtubeで見ましょうか?

もちろん旧版ですよ。


809枚目マイルスデイビスの『Miles Davis at Carnegie Hall』を聴き直しました

809枚目マイルスデイビスの『Miles Davis at Carnegie Hall』を聴き直しました


20200910_120921.jpg


こちらYoutube


発売年 :1971年
レーベル:CBS
発売元:CBSソニー
収録曲
A1 So What 11:59
A2 Spring Is Here 4:01
A3 No Blues 11:55
B1 Oleo 7:21
B2 Someday My Prince Will Come 2:43
B3 The Meaning Of The Blues / Lament / New Rhumba 8:34


久しぶりの更新です。
昨日は真夏日の中で1日畑仕事。
作業よりも各種の清涼飲料水の飲み比べに時間を費やしました。
今日は雨降りなので自由日です。
一般的に晴耕雨読といいますが、私の場合は本を開くと数ページで眠りに落ちます。
ソファの上であおむけに読むのが要注意、額の上に本が落下してきます。
文庫本なら影響はないのですが、厚目の単行本が顔面をヒットすると痛いです。読書の体をなしておりません。

音楽ブログと称して士気高く始めた拙ブログですが、更新もままならず、しかも方向性が定まらずに雑記ブログ化しております。
ただ、汗と泥にまみれた毎日、音楽が途絶えることはありません。朝はクラシック、昼はロックやポップスです。その合間に畑仕事をやります。夜はジャズ。
ルーティーンはほぼ変わりません。
聴くのはCD.
レコードを聴くことはほとんどありません。従って日々の生活と拙ブログのタイトルが大きく乖離しております。

さて、久しぶりの投稿です。
ここはレコード。
何をテーマにしようか、思い出したのが、先日読んだ油井正一著『ジャズCD』です。
参考にするのがCD本ですから、現在の私の混乱状況をご理解いただけるでしょう。
その中に『マイルスVSニューヨーク市警』という1章がありました。
マイルスデイビスが1959年に有名なジャズクラブ『バードランド』でチャリティ演奏を終えた後、『バードランド』側の路上で一息入れていると、一人の警察官が来て『立ち止まるな』と命令。軍事国債募金のチャリティーコンサートを終えて、お国のために一肌脱いだ(か、どうかは定かではありません)マイルスはムッとします。
NYポリス、『抵抗するならお前を逮捕!』
マイルス、『勝手に!!タイホしたら!!』というようなやり取りの後で、突如NYポリスはマイルスを殴打します。
この事件は新聞でも大きくとりあげられました。
コロナ禍にあえぐアメリカ、人種差別問題は何の進展もなく今日まで深刻化しています。
音楽に国境も人種の壁もないと信じていますが、ジャズクラブ『バードランド』をはじめとするクラブやバーはほとんど閉店なのでしょう。人種差別にも匹敵する大事件が世界中を覆っています。
コロナの終息まではスポーツも含めたエンタテインメント分野での観客なしスタイルが定着するのでしょう。

私の畑仕事は失敗の連続です。
しかし、ウイルスとは無関係です。
マスクなしでの作業です。
今年は果樹がダメでした。
サクランボ、グミ、プルーン、ジュンベリーは実がなりません、
どれもきちんと消毒したのです。
それがいけなかったのかもしれません。
反対に野菜。
ジャガイモ、かぼちゃ、そば、豆類は昨年の数倍の収穫が見込まれます。
そばは雑草まみれですので、刈り取った後の処理に苦戦するだろうと、今から刈り取り作戦を考えなければなりません。
トマトも順調な生育でした。ナスが今年はかつてない豊作で、どんどん大きくなり、ご近所や息子家族の周辺におすそ分けしています。
今年はトラクターで畑を耕しました。土が柔らかくなった分、成長も良くなったのか、と妻と二人で納得しています。

  雑草まみれのそば畑

20200909_132609.jpg



  ジャガイモの一部。
  乾燥や運搬の問題もあるので、少しずつ掘り起こして運ぶ予定です。

20200909_114028.jpg


  かぼちゃは昨年よりずっとサイズが大きいです。

20200901_122800.jpg



 今年大豊作のナスです。

20200910_121632.jpg

808枚目 スティービーワンダー『トーキング ブック』から『サンシャイン』を聴き直しました

808枚目 スティービーワンダー『トーキング ブック』から『サンシャイン』を聴き直しました

発売年 :1977年
レーベル:MOTOWN
発売元:ビクター音楽工業


スティービーワンダー


こちらYOUTUBE

【収録曲】

★SIDE 1★
A 1 YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE
A 2,MAYBE YOUR BABY
A 3,YOU AND I (WE CAN CONQUER THE WORLD)
A 4,TUESDAY HEARTBREAK
A 5,YOU'VE GOT IT BAD GIRL

★SIDE 2★
B 1,SUPERSTITION(迷信)
B 2,BIG BROTHER
B 3,BLAME IT ON THE SUN
B 4,LOOKIN FOR ANOTHER PURE LOVE
B 5,I BELIEVE (WHEN I FALL IN LOVE IT WILL BE FOREVER)


最近物忘れが多くなってきた。
これ、巣ごもり生活のせい。

といっても、コロナ禍以前から進んでいたような気がします。
給料生活リタイア後5年、他人との接触が激減してから進行しているのでしょう。
昨日、一昨日の夕飯のメニュウが思い出せないのです。

スワツ!大変。
脳活、脳活!
特に右脳を鍛えよう!

右脳効果と言えば、
一番最初に頭に浮かぶのがNHKBSの『駅ピアノ、空港ピアノ

特に好きなシーンが高齢者の方々がピアノをひくところ。
それも昔取ったきねずか、というのではない。
今継続中、仕事をやめてから、50歳をすぎてから始めた、等々。
90歳をこえて、ピアノを公衆の面前で弾き、かくしゃくとしていらっしゃる方のシーンもあった。
年齢を重ねても頼もしい人たちが世界に数多くいらっしゃる。

これだ!!
『駅ピアノ、空港ピアノ』に登場された方々は大半が自己流で覚えたそうだ。
番組制作者もあえてそのような方々を登場させているのでしょうね。

ピアノ、かつては我が家にもありました。
が、私は全く手を触れなかった。その気がなかった
晩年は妻の貯金通帳隠し場所でした。

おもちゃのKAWA●ピアノはある。
古関裕而さんはおもちゃのピアノで数多くの楽曲を作った。
でもねえ、、、おもちゃじゃあ。

楽器演奏や絵画への挑戦が脳、とりわけ右脳の活性化に多大な効果をもたらせますから。
ヤマ●音楽教室大人の部にはピアノコースがある。
カッコ良い高齢者が楽器を弾いているポスターを見たことがあるぞ。

アレはダメ
脳活には『駅ピアノ、空港ピアノ』に出てくる中高年のように独学でなきゃ。
楽譜が読めないとイバっている人が大勢の前で見事なパフォーマンスを見せたのもあった、カッコ良かった!

なによりもダメなこと、
それは有料だということ!
ヤ●ハの高齢者向け金儲け戦略のひとつだ、ということ!
我が家の文化教養費の欄には『おけいごと』にというカテゴリーがないこと。

と、あれこれ脳活問題を思案していると、
脳活作戦の武器が机の引き出しに入ってることに気がつきました!
ハーモニカだ。


ハーモニカ



20年ほど前に購入したもの。
半年ほど習って、転勤のためにやめました。
その後少しは練習したのですが、仕事にかまけて机の中に入れて、そのままでした。


前置きが長くなりました。
ハーモニカと言えば、スティービーワンダー
引っ張り出した『トーキングブック』、1977年のリリース。

大ヒットの『サンシャイン』が1曲目。
ハーモニカ演奏はありません。




ご案内用にYOUTUBEを探したら、オバマ大統領夫妻の前で歌っているものがありました。

で、私のハーモニカ演奏。


クロマチックハーモニカの他にブルースハープもあります。
ブルースハープは簡単な楽曲は吹くことができるのですが、
それじゃ脳活には効果がないだろう。

教則本を買い求めて練習するうちに、新しい発見がありました。

楽曲の幅を広げる半音演奏。
クロマチックハーモニカはレバーがついているので、レバーを押すと簡単にでるのですが、
ブルースハ-プは唇の形を変え、息の吸い方を変えなければならない。
これが難しい。

私には、
教則本を読むだけでは理解できません。
そこで、困った時のYOUTUBE。
たくさんの名人たちがいましたヨ。

中でも外国人のプレイヤーたち。
まあ前置きが長い。
おしゃべり好きな方が多いのです。
多分そう感じるのはこちらの語学力の問題なのでしょうね。

さらに
奏法が皆さん違うのですよ。

ブルースハープ、半音の出し方。
ベンド奏法といって、ひとつの穴から最大3つの音をだすのです。

私にはそんなことできません!!
2つは何とかできるが、3つは無理!!

プレイヤーの
皆さんがおっしゃいます。
音を出すには練習しかない、と。

スティービーワンダーは目が見えない中で、すべて耳コピで覚えたのです。
私にとって耳コピができるまでには残された寿命があまりに短い。
言えることは、聴衆が自分ひとりだけ。
演奏のレベルは妥協点を見つけてお茶をにごそう。

ということで、右脳を鍛える長い挑戦の旅が続きます!
途中で飽きなければ、の話ですけど。



話変わって、菜園日記。

6月に入って当地は晴れ間が例年に比べて少なかったのです。

そのため、作物の生育が良くありません。
サツマイモがこんな状態です。

サツマイモ


孫達に干し芋をたくさん作ってあげると約束したのですが、
どうなることやら。

トウモロコシ、例年カラスやアライグマの被害にあうのですが、
今年は鳥獣被害にあわなくても、すむかも。
この通りの生育状況ですから。


とうきび



農業は楽器演奏と同じようにむずかしいのです!
プロフィール

miki-taka08

Author:miki-taka08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログパーツ
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
カテゴリ
検索フォーム
人気商品1
人気商品2
RSSリンクの表示
リンク